漁師の妻ブログ

漁師の妻の日常

網交換で新米漁師、熱中症

f:id:tannpopowatage:20200331232818j:plain

定置網交換ローラー


網交換(網変え)ってなに?

 

網変えについて

定置網漁では
30日~40日で定期的な網の交換
損傷した箇所の修繕が不可欠です。

海に常時沈んでいるはずの網が、なぜ損傷するのか

ここで、シンキングターイム!!

 

、、、答えは!

 

 マグロが網を突き破って逃げたり

 

網に、鰆が頭から
突っ込んだりするからです!!
(小さい穴は他にも原因がありますが。)

 

マグロが逃げたところには

びっくりするくらいの大きな穴が!!

これぞまさしく逃がしたマグロは大きい(=_=)

 

 網変えってどんな作業?

定置網漁での一番の重労働Σ( ̄ロ ̄lll)


と言っても過言ではないこの網変えという作業。


Q.どこが大変か。

 

A.網の重さとサイズが尋常じゃないから。

 

海水とプランクトンを含む付着物のため
網の重さは
数トン
になります。

大きさは小学校の運動場のトラック程度です。

 この尋常ではない網を

8名の漁師がほぼ人力とローラーで
入れ替える作業が網変えです。
(※写真のレバーが付いている物体がローラーです。)

 

網変え方法

漁船を定位置に着けます。網変えでは海士も出番があります。

最初に海に潜っている海士が定置網の
側張りの固定ロープを外します。

 固定ロープを船上の漁師軍団が引き受けます。
ここからローラーでロープを巻き取りながら
定置網を揚げていきます。

 いつもの漁では袋網だけを引き揚げますが
網変えでは全体を引き揚げるため
大変な重労働になります。


便利さか、後継者育てか

漁業もどんどん進歩していて
半年間~1年は交換不要な特殊な塗料で染めた網
が開発されています。

夫が所属している漁協組合では

後期高齢者の漁師さんが半数以上を占めています。

定置網漁では8名中3名は60代です。

ですので体力的には交換頻度が少ない網に
すぐに飛びつきたいところですが

頻度があまりに少ないということが
逆に問題
にもなります。

 

習うより慣れろ方針の漁業では
網変えもご多分に漏れずです。

身体が自然に覚えるしかないのです。

交換を頻繁にすることで、ベテラン漁師の動き方をみて実際に身体を動かしながら
網変えも網の修繕方法も新人漁師は習得していくのです。

夫、熱中症

夫は新規就業翌年の夏
網変えで、熱中症になりました。

  漁師さんにトラックで運ばれてきた夫は

 意識は保てていましたが指先、足先が痺れて
足の筋肉がつり、身体に力が入りにくい状態

 

救急要請しても30分はたどり着けない。 

 

救急医療に長年従事してきましたが
びっくりするぐらい慌ててしまいました。

 それでも、お湯をかけて風を当てて
経口保水ゼリーを(無理やり)口に含ませて

 元々体力があったからか、運が良かったのか
あわてんぼうの私の看護がよかったのか
←自分で言うしかない。

 

1時間後には、改善してきました。


水分を取る時間がなく日陰がなく逃げ場のない船上での重労働。

熱中症の要因が全てそろっている環境。
網変えの時はもっと注意しよう。

と肝に銘じました。

f:id:tannpopowatage:20200401005624j:plain

黒マグロ お刺身

定置網に入ったマグロです。目でご堪能くださいね。

今回も最後までお読みくださってありがとうございました。