漁師の妻ブログ

漁師の妻の日常

新米漁師 根魚を釣る

 今回は根魚釣りについてお届けします。

 

船上花火大会

船上花火大会

漁師とは


こんにちは。

漁師とは船の上で花火をワイワイ観覧したり(o^―^o)

 

 毎日大好きな釣りをして魚と触れ合って

青い空、白い雲、真っ青な海

美しい夕陽が毎日見放題な日々。

夕陽

夕陽

 

ではなくΣ( ̄ロ ̄lll)

 

生活を維持するために色々な手を考えていかなくてはなりません

 

夫に関して言えば

定置網漁で体力いっぱいいっぱい

精神力いっぱいいっぱい

ですが、漁船という強い味方を得たので

『よし。頑張るぞ!!』と

眠い目をこすり、体力を振り絞って漁に出ても
あまりにも収穫が少ないため

魚群探知機があればなんとかなる。という考えは
あまーい!!

ということを身をもって知りました。

( ̄ロ ̄lll)ちーん

 

なぜ釣れない

 

どうしてこんなに不漁なのか

それには3つの要因があります。

1.エルニーニョ、太平洋十年規模振動といった
地球規模の環境変動が原因で稚魚が育たず

2.『とる漁』を行ってきた過去の乱獲

3.地球温暖化の影響によって
海面水温が上昇漁場が変化しています。

 

漁師の長年の経験ですら歯が立たない現状。

漁獲量は減少し

燃料代を回収できないことがあるのです。

山陰地方では漁獲量に呼応するように
また、高齢化も背景に
一本釣り漁師は減少の一途を辿っております。

 

どこにどんな種類の魚が回遊してくるかが

未知の世界になりつつあるのです。

収入を増やすには

 

では漁師はいかにしてを生活維持していくのか。

答えは燃料代をあまりかけなくても済む漁を行うことです。

前回記事でご紹介した海士、タコ籠漁や

今回ご紹介する根魚釣りです。

 

 

キジハタ

キジハタ

写真のキジハタは『幻の高級魚』言われており

市場に出荷しても高値で取引されます。

資源確保

 

根魚であるキジハタは海底の岩礁や瀬などに棲んでいているので

青魚を狙うより漁師としても効率が良いのですが

回遊しない=とり尽くしてしまうため資源管理が必要 です。

地域によりますが、30cm未満は採取が禁止されているので

リリースしなくてはなりません。

また、漁師から強い要望があり、稚魚の放流が行われています。

キジハタの魅力

 

キジハタが『幻の高級魚』と言われる所以はその味わいに尽きます。


お刺身ですと甘くてぷりっとした身が素晴らしく
ほっぺが落ちそうな美味しさですが

お勧めは煮つけです。
しっかり濃いめの甘辛味に煮付けても
身が固くならず
ねっとり、しっとりした身の味わいは他に類を見ない美味しさです。

 

機会があれば是非ご賞味なさってくださいね(o^―^o)

 

 

しだれ桜

しだれ桜

漁師妻の独り言

桜の美しい季節ですね。

3年前から全盲になられた方が桜をみたいとおっしゃいました。

満開の桜の下を車いすで通ってみましたが

「ああ、空気が違うみたい。」

と嬉しそうにされていました。

 

私たちは桜を愛でることができます。

それは誰かにとっては奇跡なのです。

見えることに感謝しよう。と、桜の下で思いました。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。

皆様の今日という日が素晴らしいものでありますように。